忍者ブログ
HOME Admin Write

植物図鑑ブログ

毎日「今日の花」を載せ、時々「植物図鑑」のサイト情報などを載せます。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蝦夷松虫草(エゾマツムシソウ)

蝦夷松虫草(エゾマツムシソウ)はマツムシソウ科マツムシソウ属の多年草である。
北海道から本州の東北地方北部にかけて分布し、山地や海岸の岩場や草地に生える。
分類上は松虫草(マツムシソウ)の変種である。
「松虫草」の名の由来は、花が落ちた後の様子が、僧侶が巡礼のときにもつ松虫鉦(まつむしがね)に似ているからとされる。
マツムシの鳴くころに咲くという説もある。
草丈は20~50センチくらいである。
根際から生える葉は羽状に裂け、裂片は線形で先は尖る。
基本種は裂片の先が尖らない。
開花時期は8~9月である。
茎は上部で枝分かれをして、先に花径3~5センチくらいの花(頭花)を1つずつつける。
基本種に比べて花は大形で美しい。
花の色は青紫色である。
花の後にできる実は球形のそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Scabiosa はラテン語の「scabiea(疥癬)」からきている。この属の植物に皮膚病に効くものがあることから名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
変種名の acutiloba は「尖った裂片を持つ」という意味である。
写真は9月に北大植物園で撮った。
学名:Scabiosa japonica var. acutiloba


★不思議なる花の形はそのままに
 色も鮮やか蝦夷松虫草


蝦夷松虫草(エゾマツムシソウ)

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

花図鑑
植物図鑑






PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
フリーエリア
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村



花の本屋さん

カウンター

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

楽天

最新コメント
[02/12 kenji]
[12/31 kenken]
[08/23 龍]
[08/22 ポポ]

最新トラックバック

プロフィール
HN:
HP:
性別:
男性

バーコード
ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析







Copyright ©  -- 植物図鑑ブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]