忍者ブログ
HOME Admin Write

植物図鑑ブログ

毎日「今日の花」を載せ、時々「植物図鑑」のサイト情報などを載せます。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



犬黒慈姑(イヌクログワイ)カヤツリグサ科ハリイ属の多年草である。
別名を白慈姑(シログワイ)という。
本州の関東地方南部、近畿地方南部、九州、沖縄に分布し、湿地に生える。
海外では、台湾、中国南部、インドネシア、マレーシア、インド、オーストラリアなどにも分布する。
中華料理で「黒慈姑」と呼ばれるものは本種の栽培品で、植物学上の名称は支那黒慈姑(シナクログワイ:Eleocharis dulcis var. tuberosa)という。
草丈は100~150センチくらいである。
茎の断面は円形で、中空である。
中には隔壁(しきりの壁)がある。
葉は葉鞘だけで茎のつけ根につき、葉身はない。
開花時期は7~10月である。
茎先に淡い緑色をした円柱形の小穂をつける。
小穂はたくさんの花からなり、外側は螺旋状の鱗片に包まれる。
中には雌しべ、雄しべと糸状の附属物が並ぶ。
花の後にできる実は小堅果である。
地下茎の先につく塊茎が食用になる。
属名の Eleocharis はギリシャ語の「eleos(沼)+charis(飾る)」からきている。この属の植物の多くが沼地性であることから名づけられた。
種小名の dulcis は「甘味のある」という意味である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Eleocharis dulcis

★さてどんな味がするのか白慈姑
 変哲のない姿だけれど




にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

花図鑑
植物図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル






PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
フリーエリア
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村



花の本屋さん

カウンター

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

楽天

最新コメント
[02/12 kenji]
[12/31 kenken]
[08/23 龍]
[08/22 ポポ]

最新トラックバック

プロフィール
HN:
HP:
性別:
男性

バーコード
ブログ内検索

アーカイブ

アクセス解析







Copyright ©  -- 植物図鑑ブログ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]